イージーヨーは離乳食としても与えられる

手軽に手作りヨーグルトが作れるイージーヨーは、お子さんでも飽きずに食べられるように、たくさんのフレーバーがあります。

 

お子さんがいらっしゃる方の中には、お子さんの離乳食としてヨーグルトを与えている方も多いと思います。今は、お子さんの月齢や年齢に合わせて作られたヨーグルトも販売されていますので、それを利用されてる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方にもおすすめなのが、イージーヨーです。

 

イージーヨーは、普通のヨーグルトよりも多くの栄養成分が含まれています。タンパク質やカルシウム、ミネラルなど、豊富に含まれる栄養成分が赤ちゃんの成長に役立ってくれます。

 

イージーヨーに含まれる成分の中でも、特に赤ちゃんにとって重要な成分が、腸内環境を整えてくれる乳酸菌が、イージーヨーには普通のヨーグルトの200倍も含まれているということが、イージーヨーが離乳食にも最適な理由です。

 

離乳食が始まると、今までミルクからしか栄養を吸収出来なかった赤ちゃんは魚や肉、野菜なども食べるようになってきます。しかし、内臓の機能が十分発達していない状態で食べさせるようになるため、胃や腸が正常にはたらかず、お腹を壊してしまうのです。

 

イージーヨーに含まれる乳酸菌は、胃や腸などの器官を保護し、整えてくれるはたらきがあるため、イージーヨーは離乳食にも最適な食品なのです。

 

ただ、冷えた状態でイージーヨーを赤ちゃんに与えると、お腹を壊してしまう可能性があります。かといって、常温でイージーヨーを保管すると、発酵が進んでしまうため、赤ちゃんに食べさせる、少し前に冷蔵庫から取り出し、温度を調節してから与えるようにしましょう。

 

 

イージーヨーは赤ちゃんだけでなく、幅広い年代の方にもおいしく食べていただける商品ですので、ぜひ一度試してみてください。

Copyright(c) 病気予防のお勧め品  All Rights Reserved.